世界史Civ事典

ブーディカ

ブーディカ

ブーディカはローマに対して反乱を起こしたケルト人の女王。シヴィライゼーションIVおよびVに登場する。全身に刺青を入れていて、剣を振り回す怖い人。

こう書くと単なる野蛮人のようだが、古代ローマ帝国に抵抗したイギリスの英雄で、ジャンヌ・ダルクのような扱いを受けている人である。

登場作品

  • シヴィライゼーションIV
  • シヴィライゼーションV

性格

  • 攻撃志向、カリスマ志向

史実のブーディカは戦争しかしていないので、当然戦争に重きを置いた性格になっている。ケルト文化の特性も持っている。

ブーディカ

ブーディカはケルト人イケニ族の女王。

イケニ族は現在のイギリス東部に国を作って居住していた。ブーディカの夫であるプラスタグス王はローマ帝国と良好な関係を保っていた。

しかしプラスタグスが死ぬと、ローマ帝国は女であるブーディカには相続権がないと難癖をつけ、国を潰して属州にしてしまった。貴族たちは財産と土地を没収され、ブーディカと二人の娘も奴隷にされた。

怒ったブーディカは反乱を起こしてローマ人の住む街に攻め入り、虐殺して回った。ブーディカたちにはローマ人を奴隷にするという発想はなく、住民を片っ端から処刑していったという。

ロンディニウム(ロンドン)を含む三つほどの都市を破壊したが、ローマ軍に敗れて自殺した。

時は流れて19世紀のイギリスでは、ケルトブームが起きていた。ケルト人のブーディカは当時の女王ヴィクトリアと同じ意味(ヴィクトリー:勝利)を持つため注目され、イギリスを象徴する英雄になったのだった。