世界史Civ事典

インド

インド

インドはインド亜大陸と呼ばれる三角形の半島の形をした地域。北にヒマラヤ山脈があり、南と東西は海なのでひとつの独立した文化圏と考えることができる。

このインドには古くはインダス文明が生まれ、カースト制という身分制度が確立していった。宗教はカースト制を基本とするヒンドゥー教が主流だが、イスラム教や仏教も伝わった。インドは広大な版図を誇ったムガル帝国が衰退した頃にヨーロッパ列強がやってきて、イギリスの植民地にされた。

インドが独立を果たしたのは第二次世界大戦終結後だった。

インドの登場作品

文明 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 備考
インド -

インドの指導者

指導者 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 年代
チャンドラグプタ - - - - - 前317~前298年
アショーカ - - - - - 前268~前232年
ガンジー 1869~1948年
インディラ - - - - - 1917~1984年

インドの主要都市

  1. デリー
  2. ムンバイ
  3. ヴィジャヤナガラ
  4. パータリプトラ
  5. ヴァーラーナシー
  6. アーグラ
  7. コルカタ

インドの文明特性

シリーズ 文明特性 解説
V 人口増加 インドの人口増加は留まることを知らない。

インドが好む社会制度

  • 信教の自由(アショーカ)
  • 普通選挙(ガンジー)

インドが好む宗教

  • ヒンドゥー教