世界史Civ事典

エチオピア

エチオピア

旧約聖書には「シバの女王」という人物が登場する。この女王は贈り物を手にエルサレムを訪れ、ソロモン王にたくさんの質問を浴びせた。ソロモンがすべてに答えると、感嘆した女王は財宝を差し出して祖国へ帰っていった。

この「シバ」という国はエチオピアのことを指す、そう主張していたのがアクスム王国だった。後にアクスム王国が滅び、いくつかの王朝が成立したが、アクスム王国の血を受け継ぐと主張し登場したアムラクがエチオピア帝国を打ち立てた。

エチオピア帝国は1270年の成立から1974年まで存続した。エチオピアは近代もヨーロッパ列強に植民地にされることなく、独立を維持し続けた。

エチオピアの登場作品

文明 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 備考
エチオピア - - - - -

エチオピアの指導者

指導者 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 年代
ザラ・ヤコブ - - - -    
ハイレ・セラシエ - - - -   1892~1975年

エチオピアの主要都市

  1. アディスアベバ
  2. ハラール
  3. アドワ
  4. ラリベラ
  5. ゴンダル
  6. アクスム
  7. ディレダワ

エチオピアの文明特性

シリーズ 文明特性 解説
V アドワの精神 アフリカの大部分はヨーロッパの植民地にされた。唯一独立を保っていたエチオピア帝国は、1896年にアドワでイタリア軍を撃ち破り、植民地化を免れた。

エチオピアが好む社会制度

  • 神権政治(ザラ・ヤコブ)

エチオピアが好む宗教

東方正教
エチオピアの宗教はキリスト教で、エチオピア正教会が国教として定められていた。エチオピア正教会は、カトリックにも正教会にも属さない「東方諸教会」のひとつで、その中でも最大規模の派閥。