世界史Civ事典

イギリス

イギリス

「大英帝国」と呼ばれる19世紀のイギリスは、世界の四分の一を支配する史上最大の帝国だった。カナダ、インド、オーストラリアを従える大英帝国は、各国にイギリス国王への忠誠を課して世界の七つの海を支配したのだった。

世界中で英語が使われているのは、これらの歴史があるからである。イギリスの統治法は間接統治で、植民地のエリート層をイギリス本国で教育し、彼らに植民地の運営をさせるというものだった。

イギリスといえば世界史に最も登場する国であり、歴史とは切っても切れない関係にある。もちろんシヴィライゼーションにも全作品に登場する。

イギリスの登場作品

文明 初代 II III IV V VI 備考
イギリス -

イギリスの指導者

指導者 初代 II III IV V VI 年代
ヘンリー - - - - - 1491~1547年
エリザベス - 1533~1603年
ヴィクトリア - - - - 1819~1901年
チャーチル - - - - - 1874~1965年

イギリスの主要都市

  1. ロンドン
  2. ヨーク
  3. ノッティンガム
  4. ヘイスティングス
  5. カンタベリー
  6. コベントリー
  7. ウォリック

イギリスの文明特性

シリーズ 文明特性 解説
V 沈まぬ太陽 「大英帝国に太陽は沈まず」クリストファー・ノース
VI パクス・ブリタニカ ナポレオン戦争に勝利してからの100年は、比較的平和な時代だった。かつてローマ帝国が実現した平和と秩序「パクス・ロマーナ」になぞらえ、イギリスの黄金時代をパクス・ブリタニカと呼ぶ。

イギリスが好む社会制度

信教の自由(エリザベス)
カトリックとプロテスタントが対立していた中で、エリザベス1世は双方の融和に努め、英国国教会の確立に成功した。
代議制(ヴィクトリア)
ヴィクトリア時代、保守党のディズレーリと自由党のグラッドストンが交互に政権を担い、制度改革に着手していった。
国民国家(チャーチル)
フランスが降伏してヨーロッパで孤立したイギリスは、チャーチルの強力な指導のもと団結し、ナチス・ドイツの侵攻を退けた。

イギリスが好む宗教

プロテスタント
イギリスの多数派宗教は英国国教会。英国国教会はプロテスタントに属するものの、その文化や慣習はカトリックに近く、熱心なプロテスタント信者はアメリカ大陸へと渡っていった。