世界史Civ事典

オランダ

オランダ

自由と寛容の風土を持つオランダには商人が集まり、首都アムステルダムは貿易、芸術、産業の中心地となった。商人たちは世界に投資するだけでなく、傭兵を雇って経済を支配するようになる。

スペインから独立して間もない17世紀のオランダは、世界の海上交易を支配して「オランダ海上帝国」と呼ばれるほどの黄金時代を迎えたのだった。

シヴィライゼーションIIIから登場。商業主義、海洋主義の性格が強く表れている。

オランダの登場作品

文明 初代 II III IV V VI 備考
オランダ - - - -

オランダの指導者

指導者 初代 II III IV V VI 年代
オラニエ公ウィレム - - - 1533~1584年
ウィルヘルミナ - - - - - 1880~1962年

オランダの主要都市

  1. アムステルダム
  2. ロッテルダム
  3. ユトレヒト
  4. ハーグ
  5. フローニンゲン
  6. マーストリヒト
  7. ブレダ

オランダの文明特性

シリーズ 文明特性 解説
Civ5 オランダ東インド会社 世界初の株式会社は株を売って集めた資金で船を作り、アジアへ向かい莫大な利益を上げた。会社には条約締結・交戦・植民地統治の特権が与えられ、現地で傭兵を雇った。

オランダが好む社会制度

信教の自由(オラニエ公ウィレム)
カトリックを信仰するスペインに対し、商人の多いオランダはプロテスタントが支持を集めていた。これが独立戦争を引き起こす大きな要因となる。

オランダが好む宗教

プロテスタント
オランダの多数派宗教。自由と寛容の国オランダにはユダヤ人も多く、商人たちにはプロテスタントの人気が高かった。