世界史Civ事典

カルタゴ

カルタゴ

地中海沿岸で交易を行っていたフェニキア人が都市が、カルタゴである。伝説によれば、命を狙われた王女が旅に出て、北アフリカの土地を得て都市を建設したという。その王女がディドである。

カルタゴは地中海を支配する強力な国家に成長したものの、同じくイタリアで勢力を拡大したローマと敵対。三度の戦争の末に滅ぼされた。ローマではカルタゴを「滅ぼさねばならぬ宿敵」と見なし、二度とカルタゴが復活することのないよう徹底的に破壊された。

シヴィライゼーションIIから登場。ローマの宿敵ということもあってか、比較的早い作品から登場している。

カルタゴの登場作品

文明 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 備考
カルタゴ - - -

カルタゴの指導者

指導者 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 年代
ディド - - -   ?~?
ハンニバル - -   前247~前183年

カルタゴの主要都市

  1. カルタゴ
  2. ウティカ
  3. ヒッポ・レギウス
  4. レプティス
  5. ハドルメントゥム
  6. サグントゥム
  7. カルタゴ・ノヴァ

カルタゴの文明特性

シリーズ 文明特性 解説
V フェニキア人の遺産 地中海東岸に住んでいたフェニキア人は海上交易で活躍し、植民都市カルタゴは地中海で繁栄した。

カルタゴが好む社会制度

  • 自由市場(ハンニバル)

カルタゴが好む宗教

イスラム教
カルタゴは現在のチュニジアに位置した。チュニジアでは現在イスラム教徒が多数を占めている。カルタゴ時代には、イスラム教はまだ存在していない。