世界史Civ事典

アステカ

アステカ

アステカはアメリカ大陸中央、現在のメキシコに存在した国。なんとシヴィライゼーションシリーズ全作品に登場し、指導者モンテスマの性格も合わせ、たいへん有名な国である。

アステカの風習は世界中を探しても肩を並べるものがないくらい、残酷で狂気に満ちていた。彼らは、世界が破滅に向かっていて、人間の生きた心臓を神に差し出すことによってのみ、滅亡までの日を延ばすことができると考えていた。

都市の中心にはピラミッドのような神殿が建てられ、捕虜などを押さえつけて生きたまま心臓をえぐり出した。その光景を市民が見守り、狂ったように踊っていたというから、今の感覚では異常な国としか思えない。それはヨーロッパから海を渡ってやってきたスペイン人も同じだった。

アステカの登場作品

文明 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 備考
アステカ -

アステカの指導者

指導者 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 年代
モンテスマ1世 - - - -   1400~1468年
モンテスマ2世 -   1466~1520年

アステカの主要都市

  1. テノチティトラン
  2. テオティワカン
  3. トラテロルコ
  4. テスココ
  5. トラスカラ
  6. カリトゥラウアカ
  7. ソチカルコ

アステカの文明特性

シリーズ 文明特性 解説
V 捕虜の生贄 神に心臓を供えるため、アステカは捕虜を求めて戦争を行った。

アステカが好む社会制度

  • 警察国家(モンテスマ2世)

アステカが好む宗教

カトリック
現在のメキシコはカトリックが主流。アステカ時代はアステカ神話が信じられ、生きた人間の心臓を神に捧げないと世界が終わると考えられていた。