世界史Civ事典

シュメール

シュメール文明
ニップールの寺院遺跡

 シュメールは人類最古の文明とされています。

 メソポタミア地域の都市ウルクでは紀元前3500年頃、支配階級や商人、職人が登場して街を形成し、文字が生み出されました。やがて青銅器が発明され、ウルクの王ギルガメシュの伝説やシュメール神話が生まれます。

 シュメールはやがてアッカド帝国の支配を受け、その後バビロニア王国が誕生することになります。

シュメールの登場作品

文明 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 備考
シュメール - - - -

シュメールの指導者

指導者 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 年代
ギルガメシュ - - - 紀元前2600年頃

シュメールの主要都市

  1. ウルク
  2. エリドゥ
  3. キシュ
  4. ラガシュ
  5. ウル
  6. ニブル
  7. バドティビラ

シュメールが好む社会制度

  • 世襲統治(ギルガメシュ)

シュメールの世界遺産

世界遺産 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 所在都市名
ギルガメシュ叙事詩 -   ニネヴェ

シュメールの自然遺産

  • なし

シュメールのユニークユニット

ユニークユニット Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 相当ユニット
エンキドゥ戦士 - - - 戦士
死鳥隊 - - - 斧兵

シュメールのユニーク建造物

特殊建築物 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 相当建築物
ジッグラト - - 裁判所、地形改善
>