世界史Civ事典

アラブ

アラブ

イスラム教の創始者ムハンマドによって建国されたイスラム教徒による国家をアラブ帝国、またはイスラム帝国と呼ぶ。アラブ、アラビアと名前を変えながら、シヴィライゼーションIII以降に登場している。

ムハンマドの後を継いだカリフが統治する時代、ウマイヤ朝、アッバース朝などがあり、一般にアラブ帝国といえばこれらの国を指す。アラブ帝国はビザンチン帝国や十字軍と戦い、特にアッバース朝の首都バグダッドは世界最大級の都市として繁栄した。

アラブの指導者

指導者 初代 II III IV V VI 年代
アブー・バクル - - - -  - 573~634年
アッラシード - - - - 763~809年
サラディン - - - - ○  1137~1193年

アラブの主要都市

  1. メッカ
  2. メディナ
  3. ダマスクス
  4. バグダッド
  5. ナジュラーン
  6. クーファ
  7. バスラ

アラブの文明特性

シリーズ 文明特性 解説
V 砂漠の船 ムハンマドはメッカを目的地とする隊商を組織した。

アラブが好む社会制度

  • 神権政治(サラディン)

アラブが好む宗教

イスラム教
アラブ帝国はイスラム教の教えによって成立し、存続した国である。そのような国がイスラム教を採用せずに、何を採用するというのだろうか。