世界史Civ事典

ハトシェプスト

 古代エジプト第18王朝のファラオ。

 トトメス2世の王妃。夫が亡くなると幼少のトトメス3世を擁立し、共同統治者となって実権を握った。平和外交を推進。交易によって富を得た。テーベに祭殿を建設。

 ハトシェプストの後を継いで単独統治者となったトトメス3世は、シリアやパレスチナに遠征を行い、領土はエジプト史上最大となった。

カルタゴの指導者

指導者 Civ1 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 備考
ディド - - -    
ハンニバル - -