世界史Civ事典

ジョージ・ワシントン 1732年~1799年

ジョージ・ワシントン

 アメリカ合衆国初代大統領。軍人。

 バージニア州の出身で、黒人奴隷を使った大規模農場を経営していた。当時のバージニアはアメリカで最も裕福な地域で、ワシントンは典型的なエリート層である。

 イギリスとフランス・インディアン同盟軍の戦争「フレンチ・インディアン戦争(英仏七年戦争)」に参加してフランス軍と戦い、英雄として故郷に戻り地域の役職を務めた。

 アメリカ植民地の支配層は次第にイギリス本国と貿易権をめぐって対立し、ボストン茶会事件が発生するとイギリスは密貿易の取り締まりを強化する。ついにレキシントンで戦争が始まり、植民地軍はボストンのイギリス軍を包囲した。

 ワシントンはアメリカ植民地軍の司令官となり、ボストンを攻略。カナダへ侵攻するが失敗した。アメリカの13州からなる大陸会議は独立宣言を採択し、「生命、自由、幸福の追求」を不可侵の権利として表明した。ワシントンは独立宣言の内容を兵士たちに知らした。

 ワシントン率いる大陸軍はイギリス軍の攻撃を受けて退却、敗北の危機に瀕していたが、プリンストンの戦いでイギリス軍を破って勢いを取り戻した。さらにサラトガの戦いで勝利を収めると、フランスが参戦。イギリス軍はフィラデルフィアを放棄してニューヨークの防備を固める。

 イギリスの戦力を削ぎたいスペインとオランダもアメリカを援助し、ロシアも武装中立同盟を結成、イギリスはヨーロッパで孤立した。フランス海軍がイギリス艦隊を破り、ヨークタウンに包囲されたイギリス軍は降伏。さらにアメリカの艦船はイギリス船を襲った。イギリスはアメリカの支配を諦めた。

 戦後、独立を果たしたアメリカは、満場一致でワシントンを初代大統領に選出した。

アメリカの指導者

指導者 Civ1 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 備考
ワシントン - - -  
リンカーン - -  
セオドア・ルーズベルト - - - -  
フランクリン・ルーズベルト - - - -  

関連記事