世界史Civ事典

徳川家康 1543年~1616年

徳川家康

 戦国時代の大名で、徳川幕府の創設者。三英傑の一人。

 織田信長と同盟を結んで領土を広げ、信長の死後は豊臣秀吉に従う。秀吉が死ぬと関ヶ原の戦いで西軍に勝利して征夷大将軍となり、百年近く続いた戦乱を収め国内を統一した。

 豊臣を滅ぼして武家諸法度を発布。徳川の支配を確立して、江戸幕府の礎を築いた。江戸時代はその後264年、続くことになる。

徳川家康と関係の深い都市

都市名 解説
東京 1590年に後北条氏の領地に転封となった家康は、東京湾に面した江戸に幕府を置いた。

関連記事