世界史Civ事典

セオドア・ルーズベルト(テディ・ローズベルト) 1858年~1919年

セオドア・ルーズベルト

 第26代大統領。ゲームではテディ・ルーズベルトと表記されている。テディはセオドアの愛称。

 「でっかい棍棒を持って、静かに話せ、それで言い分は通る」という言葉のもと、軍事力を背景とした棍棒外交を展開。パナマ運河を建設し、積極的に南米諸国に介入した。

 日露戦争を仲介してノーベル平和賞を受賞。歴代大統領最多となる35冊の著書を著した。国民に人気で、環境保護や無料の医療制度を呼びかけたりもした。テディベアという名前の由来でもある。

アメリカの指導者

指導者 Civ1 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 備考
ワシントン - - -  
リンカーン - -  
テディ・ルーズベルト - - - -  
フランクリン・ルーズベルト - - - -  

関連記事