世界史Civ事典

マリア1世(敬虔女王) 1734年~1816年

マリア1世

 ポルトガル女王。敬虔女王と呼ばれる。

 国内の工業化を進め、道路や運河を建設した。この間、ポルトガルは諸国と通商条約を結び、特にブラジルとイギリスの中継国として繁栄した。

 やがてマリア1世は精神に異常をきたし、それは死去するまでの24年間続いた。

 ナポレオン戦争でフランスの侵攻を受け、ポルトガル王室は貴族や商人を引き連れてブラジルに脱出した。

ポルトガルの指導者

指導者 Civ1 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 備考
エンリケ王子 - - - -  
ジョアン2世 - - - -  
マリア1世 - - - -  

関連記事