世界史Civ事典

クセルクセス1世

 ダレイオス1世の子。ダレイオス存命中も共同統治をしていたとされる。

 バビロンとエジプトで起きた反乱を平定し、ギリシャへの遠征を行う。テルモピレーでスパルタ軍を破り、アテネの占領に成功するがサラミスの海戦に敗れた。バビロニアの反乱を鎮めるために帰国する。

 以降はギリシャ遠征を部下のマルドニオスに任せるが、彼はプラタイヤの戦いで敗死し、遠征は失敗に終わった。

 クセルクセスはペルシャに戻り、ペルセポリスなどで大規模な建設事業を行い財政は逼迫した。やがて側近に暗殺された。

ペルシャの指導者

指導者 Civ1 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 備考
キュロス2世 - - - -  
ダレイオス1世 - - -  
クセルクセス1世 - - - -  

関連記事