世界史Civ事典

ネブカドネザル2世 前605年~前562年

 新バビロニア王国の王です。旧約聖書にも登場し、ユダヤ人の古代ユダ王国を滅ぼしバビロン捕囚を行いました。彼の時代にバビロンは繁栄し、城壁や空中庭園が建設されました。

詳細

 新バビロニア王国の王です。シリアに領土を広げ、ユダ王国に侵攻して属国としました。

 ユダ王国がエジプトと結ぶ構えを見せると、エルサレムを攻略。エジプトを除く全オリエントを征服しました。バビロニアは最盛期を迎え、各地から集められた財宝や奴隷を使って首都バビロンには巨大な宮殿が建設されました。世界の七不思議のひとつ空中庭園や、バビロンの城壁もこのときに建設されたとされています。

 ユダ王国を滅ぼした際に多くの市民をバビロンに連行したことが、「バビロン捕囚」として旧約聖書に記されています。聖書の話では、ネブカドネザルはその後不吉な夢を見るようになり、発狂したとされていますが、本当のところはわかりません。

Civのネブカドネザル2世

 Civ5に登場します。バビロニアの指導者はハンムラビ王が定番でしたが、出番がやってきました。とても思慮深く、哲学的な王という印象を受けます。

 個人的には、シヴィライゼーションに登場する人物の中でも名前が読みづらく、覚えにくい人物の筆頭ではないかと思います。

関連記事