世界史Civ事典

卑弥呼

 邪馬台国の女王です。「鬼道に仕え、よく衆を惑わす」と記録にあり、巫女のような存在だったと考えられています。

詳細

 卑弥呼は中国の歴史書、魏志倭人伝に記録があります。

 当時の倭は戦乱状態にありました。共倒れになることを危惧した指導者たちは、共同でひとりの女子を王に立てました、これが卑弥呼です。卑弥呼は人前に姿を現すことはなく、巫術によって人心を治めていました。

 卑弥呼は三国志で有名な「魏」に239年と243年に使者を送り、倭王の称号を受けました。それから数十年後に邪馬台国は大陸との交流が途絶え、どうなったかは不明です。

Civの卑弥呼

 Civ2の日本の指導者(女)として名前が出ますが、登場はそれだけです。

 日本の指導者はサムライから選ぶのが定番のようなので、卑弥呼が再び登場する可能性は低いでしょう。なにしろ、時代が古いです。

関連記事