世界史Civ事典

ハトシェプスト女王 前1479年~前1458年

 古代エジプトでは珍しい女性の王です。夫のトトメス2世が亡くなると、その子トトメス3世から実質的に王権を奪い、遺産の建設や交易の拡大を推進しました。

詳細

 夫のトトメス2世は30代で亡くなる際、息子のトトメス3世を後継者に指名しました。なお、トトメス3世は側室の子で、ハトシェプストの子ではありません。

 トトメス3世が幼かったため、ハトシェプストが共同統治を行いました。ハトシェプストは王権の象徴を身につけ、立場を強固なものにしていきました。ハトシェプスト葬祭殿を建設し、神殿の修復などを行いました。

 ハトシェプストの死後、ようやく王権を得たトトメス3世はハトシェプストの肖像を破壊し、名前を王の記録から消し去りました。よほど憎んでいたのでしょう……。彼はハトシェプスト時代に影響力を失っていたシリアへの遠征を何度も行い、古代エジプト史上最大の領土を手にすることになります。

Civのハトシェプスト

 Civ4にラムセス2世と共に登場します。

 ハトシェプストも漫画などで有名な女王ですが、エジプトの女王といえばクレオパトラのほうが有名でしょう。そのせいか、今のところ登場は一度だけとなっています。

関連記事