世界史Civ事典

ブーディカ ?年~60年頃

ブーディカ

 ブリテン島の東部、ノーフォーク地方に居住していたケルト人イケニ族の女王。ローマの支配に対して大規模な反乱を起こした。イギリスでは英雄として知られる。

詳細

 ブーディカの夫であるイケニ族のプラスタグス王はローマ帝国と良好な関係を保ち、死後は娘とローマ皇帝で国を統治すると約束していた。

 しかし、ローマは女性に財産権はないと理由をつけ、国を属州にしてしまった。イケニ族の貴族たちは領土や財産を没収された。ブーディカと二人の娘も奴隷に落とされ、陵辱された。

 復讐に燃えるブーディカは反乱を起こした。コムロドゥヌムロンディニウムに攻め入り、住民やローマ人を虐殺して町を破壊した。ワトリング街道の戦いでローマ軍に敗れたブーディカは服毒自殺し、反乱は鎮圧された。

 ブーディカは長らく忘れられていたが、18世紀にヴィクトリア女王と同じ意味を持つことで注目され、イギリスの象徴となった。

Civのブーディカ

  志向1 志向2 志向3
Civ4の志向 攻撃 カリスマ 「普通選挙」を好む
Civ5の特性 ドルイドの伝説 - -

 Civ4とCiv5に登場します。ローマ帝国に抵抗した女王は、イギリスが他国の侵略に抵抗する象徴となりました。

関連記事