世界史Civ事典

アウグストゥス 前63年~14年

アウグストゥス

 ローマ帝国の初代皇帝です。オクタヴィアヌスとも呼ばれます。カエサルの後継者として争いに勝利し、アウグストゥスの称号を得ました。長期間ローマ帝国を統治し、ローマの平和と呼ばれる繁栄の時代を作り上げました。

詳細

 カエサルに従ってヒスパニア(スペイン)に遠征し、18歳で後継者に指名されます。

 カエサルが暗殺されるとローマに向かい、葬儀を行って財産を市民や軍に分け与えて支持を得ました。元老院に接近してカエサルを神格化し、自分の影響力を高めます。こうして有力者のアントニウスは支持を失い、エジプトのクレオパトラと結ぶようになります。

 オクタヴィアヌスはアントニウス・クレオパトラ連合軍を破り、エジプトを支配下に置きました。元老院からアウグストゥスの称号を得て権力を握り、ローマ帝国の初代皇帝となります。

 アウグストゥスはローマを14地区に分けて行政官、警察隊、消防隊を配置しました。貧しい市民には穀物を無料で配給し、広大な帝国の整備を行いました。こうしてローマは100万人を擁する大都市となり、五賢帝の時代まで続くローマの平和(パクス・ロマーナ)時代を実現させました。

Civのアウグストゥス

  志向1 志向2 志向3
Civ4の志向 勤労 帝国主義 「代議制」を好む

 Civ4で初登場。Civ5ではカエサルからローマ指導者の地位を奪い取りました。

 初代ローマ帝国の皇帝で軍事面、内政面ともに優れた実績を残している指導者です。しかし、Civ6では五賢帝のひとり、トラヤヌス帝に地位を奪われています。

関連記事