世界史Civ事典

アショーカ王 前268年~前232年

 初めてインドの大部分を統一した王です。仏教の教えに基づいて民衆に教えを説きました。

詳細

 アショーカ王は仏教の庇護者として知られています。

 多くの兄弟を殺害して王位を手にしたとされていますが、あまり記録は残っていません。インド東部のカリンガ国に侵攻したとき、あまりに多くの人たちが死んだり家を失ったことにショックを受けたアショーカは、それまでの行いを改めて仏教の教えに基づく政治を目指すようになりました。

 アショーカは各地を巡察して多くの仏塔を建て、人々に正しく生きるように説いて回りました。また、仏教に限らず他の宗教も手厚く保護したとされます。

 アショーカ王の晩年は記録がほとんどありません。彼の死後、国は分裂して混乱の時代となります。

Civのアショーカ王

  志向1 志向2 志向3
Civ4の志向 宗教 組織 「信教の自由」を好む

 Civ4にのみ登場します。

 インドといえばガンジー。インドの平和主義というイメージを覆す指導者の登場かと思われましたが、こちらも温和な性格をしています。

 インドの都市名を見ていくと、少しずつ古代の都市が増えてきています。指導者もそれに合わせることになれば、ガンジーよりもアショーカ王が注目される日がやってくるかもしれません。

関連記事