世界史Civ事典

ウフィツィ美術館

 ウフィツィ美術館はフィレンツェにある美術館。

 メディチ家のコジモ・デ・メディチ(コジモ1世)が事務所(ウフィツィ)となる宮殿を建設したのが始まり。コジモ1世は商才に長け、学問と芸術を愛した。銀行業で財をなし、フィレンツェの実権を握って君主となった。

 コジモ1世の孫、ロレンツォの時代にメディチ家は絶頂期を迎え、ルネサンス芸術も全盛となった。ロレンツォはダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロ、ボッティチェリらのパトロンとなり、芸術活動を支援した。

 ロレンツォは外交の一環としてダ・ヴィンチをミラノへ、ミケランジェロをローマに派遣したため、フィレンツェのルネサンスはイタリア全土へ広がることとなった。

 ルネサンスの絵画が集められ、所蔵点数は約300万点。著名な作品としてはボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」、ダ・ヴィンチの「受胎告知」などがある。

Civシリーズに登場する美術館