世界史Civ事典

ハギア・ソフィア大聖堂(アヤ・ソフィア)

ハギア・ソフィア大聖堂
夜のハギア・ソフィア聖堂

ハギア・ソフィア大聖堂

 ハギア・ソフィア大聖堂は、コンスタンティノープルに537年に建設された大聖堂。コンスタンティノープル総主教座(東方正教会)の所在地だった。ビザンチン建築の最高傑作とされる。

 巨大なドームが特徴。セビリア大聖堂が完成する1520年まで、世界最大の大聖堂だった。

 オスマン帝国による占領後は、イスラムのモスクに改修された。現在は博物館となっている。

ビザンチンの遺産

  • ハギア・ソフィア大聖堂

Civシリーズに登場する聖堂