世界史Civ事典

ロードス島の巨神像

ロードス島の巨像
ロードス島のヘリオス巨像

ロードス島の巨像

 ロードス島には太陽神ヘリオスの巨像が建っていた。ヘリオスはアポロンと混同されていたため、アポロ巨像とも呼ばれる。世界の七不思議のひとつ。

 紀元前305年から304年の戦争に勝利したロードスは、太陽神ヘリオスに感謝して彫像を建設した。彫像は紀元前284年に完成。高さは34メートル、台座を含めると約50メートルだった。

 完成から58年後、彫像は地震によって倒壊した。市民は彫像を建設したことが神の怒りに触れたと考えたため、再建されることはなかった。

世界の七不思議

ギリシャの世界遺産

世界遺産 Civ1 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 所在都市名
パルテノン神殿 - -     アテネ
アルテミス神殿 -   エフェソス
ロードス島の巨神像   ロードス
マウソロス霊廟 -   ハリカルナッソス
アポロ神殿 - - - - デルフィ
ゼウス像 -   -