世界史Civ事典

ピラミッド(ギザの大ピラミッド)

 ピラミッドはエジプトに多数存在する、世界でも最も有名な建造物。世界の七不思議のひとつで、唯一現在も残る。

 古代エジプト王やその家族の墓で、太陽の沈む方向であるナイル川西岸に多く存在する。最も大きいものはギザにあるクフ王のピラミッドで、前2560年頃に建設された。高さは146.59m、底辺は230.37mもあり、1311年までの長い間世界で最も高い建造物だった。

 大ピラミッドの隣にはカフラー王のピラミッド、メンカウラー王のピラミッドがあり、併せて三大ピラミッドと呼ばれる。手前には王家のシンボルであるスフィンクスが鎮座している。

世界の七不思議

エジプトの世界遺産

世界遺産 Civ1 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 所在都市名
ピラミッド   ギザ
アレクサンドリア図書館 -   アレクサンドリア
ファロス灯台   アレクサンドリア