世界史Civ事典

アレクサンドリア図書館

解説

 アレクサンドリアの大図書館は、プトレマイオス1世によって創設された図書館です。

 プトレマイオス1世はアレクサンドロス大王の後継者の一人で、エジプトにプトレマイオス王朝を開きました。首都アレクサンドリアは地中海交易の中心都市として繁栄しました。

 入港した船の積み荷はすべて確認し、価値のある書物が発見されれば大図書館に収められました。原本は図書館に所蔵され、持ち主には写本と補償金が渡されました。

 アレクサンドリア図書館には文学、数学、地理学、天文学、医学といったあらゆる書物が集まり研究が行われました。天動説のプトレマイオス、幾何学のエウクレイデス、そしてアルキメデスもアレクサンドリア図書館で研究をしていました。

 古代の英知が集められた大図書館は、5世紀頃にキリスト教徒によって破壊されてしまいました。

Civilizationのアレクサンドリア図書館

 アレクサンドリア図書館はCiv3から登場し、以降すべての作品に登場しています。

名前 必要技術 失効技術 効果
アレクサンドリア
図書館
文学 教育 既知の他文明2つが発見した技術を入手