世界史Civ事典

プローラ

プローラ
プローラの保養所

プローラ

 ドイツ北西部、リューゲン島にナチスが建設したリゾート施設。

 古くから保養地・海水浴場として利用されていたプローラ湾に、ドイツすべての労働者が休暇を楽しめるよう計画された。計画では2万人が収容可能で、劇場、映画館、プールも建設する予定だった。

 1棟500メートルの巨大なビルが8棟建設されたが、第二次世界大戦によって建設は中止された。建物はやがてドイツ軍の施設として利用されたり、避難民の受け入れ施設となったりした。

 ソ連占領後は軍の駐屯地として利用され、ドイツの再統一後は博物館や観光地として再開発されている。

世界遺産

世界遺産 Civ1 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 所在都市名
ブランデンブルク門 - - -   ベルリン
ノイシュヴァンシュタイン城 - - -   -
ルール地方 - - - - -
プローラ - - -   -

関連記事