世界史Civ事典

不老長寿

不老長寿の解説

 不老長寿は人類が望み続けた夢のひとつです。

 古代中国の始皇帝は不老不死を求めて水銀を飲み続け、逆に命を失うことになりました。シュメールのギルガメシュは永遠の命を求めて旅立ち、日本では古事記に不死の木の実を探す話が出てきます。

 ハンガリーのエリザベート・バートリは美貌を保つために若い娘をさらっては殺害し、血液を浴びることを繰り返していました。また、中世ヨーロッパでは錬金術が盛んになり、不老不死を得られる霊薬「エリクサー」の存在が人々を魅了しました。

 今日では医療が発達し、人類の寿命はどんどん長くなっており、若々しさを維持し続けている人も現れています。科学の発達は、老いと死という生物が決して避けられぬ法則をも変えてしまう可能性を秘めています。

シヴィライゼーションの不老長寿

名前 必要技術 効果
不老長寿 遺伝子工学 全都市の人口増加が2になる

 シヴィライゼーション3の最後の大七不思議として登場します。

 シヴィライゼーションでは不老長寿を必ずしも肯定的に捉えているわけではないようです。同時期に登場する癌の治療では市民の幸福が増加するのに対し、不老長寿は人口の増加が早まるだけです。

 ゲームのシステム上、人口の増加は不幸な市民を生み出します。

 不老はともかく、長寿は必ずしも幸せな社会を作り出すわけではない。高齢化に苦しむ先進国の現状を考えると、シヴィライゼーションの仕組みは実に良くできていると言えるのではないでしょうか。

 不老長寿は特定の遺産ではないので、シヴィライゼーション3にしか登場していません。

>