世界史Civ事典

ウェスト・ポイント

陸軍士官学校(ウェスト・ポイント)の卒業祝い
陸軍士官学校(ウェスト・ポイント)の卒業祝い

 ウェスト・ポイントはアメリカ陸軍士官学校の通称です。

 アメリカで最も古い士官学校であり、多くの有名な軍人を輩出してきたエリート養成学校です。広大な敷地には射撃場、ゴルフ場、研究施設があります。

 アメリカで最も古い士官学校で、多くの将軍を輩出してきたエリート養成学校です。

陸軍士官学校

 アメリカ合衆国第3代大統領トマス・ジェファーソンによって、1802年に設立されました。ニューヨークの北80キロメートルに位置し、男女共学となっています。

 ウェスト・ポイントの卒業生には南北戦争で活躍した将軍グラント、リー、シャーマン、第二次世界大戦で活躍したアイゼンハワー、マッカーサー、パットンなどがいます。

 学力試験、体力試験が課され、軍事理論や統率者としての技術を学びます。門限が定められており、自由時間も勝手な行動は許されません。夏休みも大半が軍事訓練に費やされます。

 こうして鍛えられたエリートたちの高いモラルによって、軍事大国アメリカが支えられています。

シヴィライゼーションのウェスト・ポイント

 シヴィライゼーション4の国家遺産として登場します。

 生産された軍事ユニットに経験値が付与されます。国家遺産なのですべての文明が建設可能で、わざわざウェスト・ポイントという固有の名前を与える必要があるのか謎です。

 そのせいか、他の作品では単に「士官学校」という名前になっています。

 士官学校は一般的に入学に学力だけでなく体力が求められ、学費が免除になったりするので高い人気と名誉があります。貴族階級が多くを占めるエリート大学とは異なり、激しい競争試験が特徴です。

世界の士官学校