世界史Civ事典

サンコーレ大学

サンコーレ大学
トンブクトゥのサンコーレ大学

トンブクトゥのサンコーレ大学

 サンコーレ大学はマリ帝国・ソンガイ帝国時代に繁栄した都市トンブクトゥに存在した学校。

 オアシス都市トンブクトゥはサハラ砂漠南西部に位置する。アフリカ内陸部の黒人と北アフリカの商人が集う交易拠点であり、マリ帝国やソンガイ帝国の時代に繁栄。ヨーロッパではトンブクトゥは黄金郷と呼ばれ、アラブの学者も多く訪れていた。

 トンブクトゥは学業の拠点にもなり、市内にはサンコーレ大学を筆頭に百を超える学校が存在した。最盛期には二万五千人の学生が生活していたとされる。

 現在、サンコーレ大学はモスクになっている。現地の政治情勢は不安定で、「危機にさらされている世界遺産リスト」に登録されている。

Civのサンコーレ大学

 Civ4に登場する。建設すると科学力に恩恵がある。

 追加パック「Warlords」でマリ帝国と共に追加された。マリ帝国の首都はトンブクトゥであり、サンコーレ大学はマリ帝国のために存在していると言っても過言ではない。

 Civ5にはソンガイ帝国が登場するが、サンコーレ大学の出番はなかった。