世界史Civ事典

自由の女神

自由の女神
ニューヨーク、リバティ島の自由の女神

自由の女神

 独立100周年にフランスから送られた銅像。ニューヨークのリバティ島にある。

 右手にはたいまつを掲げ、左手には独立記念日の刻印された銘板を持っている。足下には引きちぎられた鎖と足かせがあり、すべての弾圧からの解放を表している。冠には7つの突起があり、7つの大陸と7つの海に自由が広がることを意味する。

 モデルの女性はフランスの画家ドラクロワが描いた「民衆を導く自由」のマリアンヌだとされている。マリアンヌは自由を象徴であり、フランスを擬人化したもの。日本では「自由の女神」の名称で知られるが、アメリカでは「自由の像」と呼ばれる。

アメリカの遺産

関連記事