世界史Civ事典

万里の長城

万里の長城
万里の長城

 万里の長城は、中国に存在する城壁。現存する長城の地図上の距離は2700キロメートル程度だが、二重三重に建設された部分や、地図に記されない部分を考慮すると総延長はその2万キロメートル以上にもなるとされる。

 北方異民族の侵入を防ぐために始皇帝が建設し、長い歴史の中で修築や移築が繰り返された。現存する長城の大部分は明の時代に建設された。110メートル毎に狼煙台が設けられており、敵が攻め込んできた際には直ちに知らせることができるようになっている。

 巨大なレンガを積み上げた高さ9メートルもの部分から、土を固めただけの土塁のような部分もある。大部分の高さは2メートル程度で、歩兵はさほど苦労せずに上ることができる。これは騎馬兵を防ぐことに目的があったためで、中国は歴史上常に北方の騎馬民族に悩まされてきた。

Civの万里の長城

名前 必要技術 失効技術 効果
Civ1 万里の長城 建築 火薬 必ず和平を申し入れ可能
Civ2 万里の長城 建築 冶金学 必ず和平を申し入れ可能
全都市に街壁の効果
蛮族への攻撃力2倍
Civ3 万里の長城 建設 冶金学 同大陸の都市に防壁
Civ4 万里の長城 石工術 - 蛮族が文化圏に侵入しなくなる
Civ5 万里の長城 工学 - 無償の防壁
敵陸上ユニットに自文化圏内移動コスト+1
(ダイナマイトで陳腐化)

 万里の長城は初代Civ1から登場し、以降欠かさず登場しています。万里の長城はピラミッドと並ぶくらい、世界でも有名な世界遺産です。

 自国を守るための効果を発揮する遺産です。蛮族に悩まされることの多いシヴィライゼーションシリーズでは、Civ4の蛮族が侵入しなくなる効果は絶大です。Civ3やCiv5では戦争を防ぐ効果はないものの、都市の防衛が格段に楽になります。

関連記事