世界史Civ事典

ギルガメシュ叙事詩

 ギルガメシュ叙事詩は人類最古の文学作品のひとつ。ウルクの王ギルガメシュの英雄物語。ニネヴェ王立図書館などから出土した石版に刻まれている。

ギルガメシュとエンキドゥの出会い

 ウルクの王ギルガメシュは体の3分の2が神で、残りの3分の1が人間だった。市民を連れ去るため暴君として知られていた。市民は横暴に耐えかね、神々に何とかするよう訴えた。

 大地の女神アルルはギルガメシュと争わせるため、粘土から怪物エンキドゥを作り上げた。エンキドゥは野獣たちとともに生活をしていた。ギルガメシュは彼を孤立させるため、彼の元へ遊女を送り込んだ。

 エンキドゥは遊女と交わり、野生を失った。女から服を着ること、食事の仕方、人間らしさを教わった。女に連れられ、エンキドゥはウルクへやってきた。その姿はギルガメシュそっくりだった。

 ギルガメシュとエンキドゥは格闘の末、お互いを認め合うのだった。

怪物フンババと女神イシュタル

 二人は森の怪物フンババを倒すために武器を作らせ、旅に出る。ギルガメシュとエンキドゥは励まし合いながら森に入り、神の力を借りてフンババを打ち倒した。

 愛の女神イシュタルは、ギルガメシュの勇姿を見て夫になるよう求めた。だが、ギルガメシュはイシュタルの求めに応じた者は、皆悲惨な末路を迎えていることを指摘する。

 怒ったイシュタルは父親のアヌに、ギルガメシュを滅ぼすために「天の牛」を作るよう求めた。かなわぬならば冥界の扉を壊して死者を呼び覚ますと脅した。

 ギルガメシュとエンキドゥは天の牛を倒し、ウルクに凱旋した。

エンキドゥの死と生命の草

 神々はフンババと天の牛を殺した罪により、エンキドゥに死を宣告した。エンキドゥは悲嘆に暮れ、十二日目に死んだ。

 ギルガメシュはエンキドゥの死を悲しみ、自分もそうなるのではないかと恐れた。

 生命を求め、神々の集いに加わったとされる賢者ウトナピシュティムに教えを請うため、荒野を駆け、山を越え、海を渡ってさまよい歩いた。

 ようやくたどり着いたギルガメシュの問いにウトナピシュティムは「生命と死については神々が定めることで、知ることはできない」と答えるのだった。

 ウトナピシュティムは大洪水の話と、生命の草の話もギルガメシュに聞かせた。ギルガメシュはすぐさま海に飛び込み、海底で生命の草を得た。

 しかし、帰路、ギルガメシュが水浴をしている間に、生命の草は蛇に食べられてしまった。

ギルガメシュ叙事詩の解説

 ギルガメシュ叙事詩は、全文のうち、およそ半分くらいしか発見されていないと言われている。

 1872年、ジョージ・スミスが大英博物館に保管されていた石版から、「大洪水」の話を発見したと発表したのが、ギルガメシュ叙事詩の始まりである。

 キリスト教の「創世記」にあるノアの箱舟伝説そっくりだったことから、ヨーロッパではたいへんな注目を集めた。

 ギルガメシュ叙事詩の女神イシュタルは、ギリシア神話のアフロディーテ、ローマ神話のヴィーナスにあたる、愛と美の女神である。

シヴィライゼーションとギルガメシュ叙事詩

 シヴィライゼーション3の小七不思議に、ギルガメシュ叙事詩が登場。以降は「英雄叙事詩」とか「民族叙事詩」と名前を変えた。

 いずれも軍事ユニットを強化する効果を持つ。

>