世界史Civ事典

日本

日本文明
京都の平等院

指導者

指導者 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 年代
卑弥呼 - - - - - ?~247年
北条時宗 - - - - - 1251~1284年
織田信長 - - - - - 1534~1582年
徳川家康 - - 1543~1616年

主要都市

  1. 京都
  2. 大阪
  3. 東京
  4. 薩摩
  5. 鹿児島
  6. 奈良
  7. 名古屋

好みの社会制度・宗教

  • 重商主義
  • 神道

世界遺産

世界遺産 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 所在都市名
姫路城 - - -   -

自然遺産

ユニークユニット

ユニークユニット Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 相当ユニット
  長剣士(鎚鉾兵ほか)
ゼロ戦 - -   戦闘機

ユニーク建造物

ユニーク建築物 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 相当建築物
シェールプラント - -   火力発電所

日本の鎖国政策

 1543年にポルトガル船が種子島に漂着して、日本とヨーロッパ人との交流が始まった。当初日本はヨーロッパ人の貿易や布教活動を制限しなかったが、豊臣秀吉はカトリックの布教を禁止した。当時、ポルトガルはマカオを東洋の拠点としており、日本はポルトガルを通して中国の絹を輸入していた。

 江戸幕府は朱印船を持つ船のみ、貿易を許可した(朱印船貿易)。また、プロテスタントのイギリスやオランダに商館を建てることを許可した。布教活動に熱心なカトリックのスペインとは国交を断絶し、ポルトガルには長崎の出島以外での貿易を禁じた。島原の乱が起きると、ポルトガルの入港も禁じるようになった。

 結局、オランダの商館が出島に移され、ヨーロッパの国で貿易が許可されたのはオランダだけとなり、厳正に管理されるようになった。なお、明や朝鮮、琉球とは交流が続いていた。