世界史Civ事典

イギリス文明

イギリス文明
ウォリック城

大英帝国

 「大英帝国」と呼ばれる19世紀のイギリスは、世界の4分の1を支配する史上最大の帝国でした。大英帝国の構成国にはイギリス国王への忠誠が課されていました。

 インド、カナダ、オーストラリア、そしてアメリカを植民地としていた歴史があり、英語が世界共通の言語となっているのもそれが理由です。

 イギリスの統治法は間接統治で、植民地のエリート層をイギリス本国で教育し、彼らに植民地の運営をさせるというものでした。

イギリスの登場作品

文明 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 備考
イギリス -

イギリスの指導者

指導者 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 年代
ヘンリー8世 - - - - - 1491~1547年
エリザベス1世 - 1533~1603年
ヴィクトリア女王 - - - - 1819~1901年
チャーチル - - - - - 1874~1965年

イギリスの主要都市

  1. ロンドン
  2. ヨーク
  3. ノッティンガム
  4. ヘイスティングス
  5. カンタベリー
  6. コベントリー
  7. ウォリック

イギリスの文明特性

シリーズ 文明特性 解説
Civ5 沈まぬ太陽 「大英帝国に太陽は沈まず」クリストファー・ノースは、かつてスペイン帝国の栄光を表した言葉にイギリスをなぞらえた。
Civ6 パクス・ブリタニカ ナポレオン戦争に勝利してからの100年は、比較的平和な時代だった。かつてローマ帝国が実現した平和と秩序「パクス・ロマーナ」になぞらえ、イギリスの黄金時代をパクス・ブリタニカと呼ぶ。

イギリスが好む社会制度

信教の自由(エリザベス1世
カトリックとプロテスタントが対立していた中で、エリザベス1世は双方の融和に努め、英国国教会の権力確立に成功した。
代議制(ヴィクトリア女王
ヴィクトリア時代、保守党のディズレーリと自由党のグラッドストンが交互に政権を担い、制度改革に着手していった。
国民国家(チャーチル
フランスが降伏してヨーロッパで孤立したイギリスは、チャーチルの強力な指導のもと団結し、ナチス・ドイツの侵攻を退けた。

イギリスが好む宗教

プロテスタント
イギリスの多数派宗教は英国国教会。英国国教会はプロテスタントに属するものの、その文化や慣習はカトリックに近く、熱心なプロテスタント信者はアメリカ大陸へと渡っていった。

イギリスの世界遺産

世界遺産 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 所在都市名
グローブ座 - - - - ロンドン
スコットランド・ヤード - - - - - ロンドン
ニュートンの学士院 - - - ロンドン
ビッグベン - - - - ロンドン
オックスフォード大学 - - - オックスフォード
アダム・スミスの自由経済 - - - - -
ストーンヘンジ - - -
ダーウィンの進化論 - - - -
リチャード王の十字軍 - - - - - -

イギリスの自然遺産

イギリスの特殊ユニット

特殊ユニット Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 相当ユニット
イギリス赤服兵 - - - マスケット兵
戦列艦 - - フリゲート艦
シードッグ - - - 私掠船
長弓兵 - - - 弩兵

イギリスの特殊建造物

特殊建築物 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 相当建築物
証券取引所 - - - 銀行
王立海軍造船所 - - -
大英博物館 - - - -

興亡の世界史 大英帝国という経験 (講談社学術文庫)