世界史Civ事典

オランダ

オランダ文明
デン・ハーグのオランダ議会

オランダ海上帝国

 自由と寛容の風土を持つオランダに集まった商人たちは会社を設立し、傭兵を雇って世界中に投資しました。

 アムステルダムは貿易、芸術、産業の中心地となり、まさに17世紀はオランダ黄金時代となりました。スペインから独立を果たした小国が、世界を支配する経済大国に成長する姿は「オランダの奇跡」と呼ばれます。

オランダの登場作品

文明 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 備考
オランダ - - - -

オランダの指導者

指導者 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 年代
オラニエ公ウィレム - - - 1533~1584年
ウィルヘルミナ - - - - - 1880~1962年

オランダの主要都市

  1. アムステルダム
  2. ロッテルダム
  3. ユトレヒト
  4. ハーグ
  5. フローニンゲン
  6. マーストリヒト
  7. ブレダ

オランダの文明特性

シリーズ 文明特性 解説
Civ5 オランダ東インド会社 世界初の株式会社は株を売って集めた資金で船を作り、アジアへ向かい莫大な利益を上げた。会社には条約締結・交戦・植民地統治の特権が与えられ、現地で傭兵を雇った。

オランダが好む社会制度

信教の自由(オラニエ公ウィレム
カトリックを信仰するスペインに対し、商人の多いオランダはプロテスタントが支持を集めていた。これが独立戦争を引き起こす大きな要因となる。

オランダが好む宗教

プロテスタント
オランダの多数派宗教。自由で寛容の国オランダにはユダヤ人も多く、商人たちにはプロテスタントの人気が高かった。

オランダの世界遺産

  • なし

オランダの自然遺産

  • なし

オランダの特殊ユニット

特殊ユニット Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 相当ユニット
海の乞食団 - -   私略船
スイス傭兵 - -   長槍兵
東インド貿易船 - -   ガレオン船

オランダの特殊建造物

特殊建築物 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 相当建築物
干拓地 - -   地形改善
ダイク - -   堤防

オランダとチューリップ・バブル

 1630年代、東インド会社が設立され、オランダは黄金時代を迎えていた。株価や住宅価格が上昇し、オランダ人は豊かな生活を享受できるようになった。

 この時期、「チューリップ・バブル」と呼ばれる世界初のバブル経済事件が起きた。

 チューリップはオスマン帝国から輸入された美しい花で、王族や貴族に愛されるようになっていた。特に美しい模様をつけるものは人気があり、球根は高値で取引されるようになっていた。

 チューリップの球根の値上がりは一般市民にも話題になり、転売目的で次々と買われていくような状態になった。もはやチューリップの球根はすべてが金を上回る価格になっていた。

 しかも、球根は現物取引ではなく、将来の球根の証書が売り買いされていた。先物取引というわけだ。この現象は「風の取引」と呼ばれ、一夜にして財産を築く者も後を絶たなかった。最も価値のある球根ひとつは、アムステルダムの最高級住宅に匹敵した。

 1637年2月、人々は目を覚ました。チューリップの球根価格は急落し、あっという間に球根を買う人はいなくなった。自宅を担保にしていた人は家を失い、多くの借金をしていた人は破産した。

 「チューリップ・バブル」は、愚かさの象徴として現在も語り継がれている。

物語 オランダの歴史 - 大航海時代から「寛容」国家の現代まで (中公新書)

>