世界史Civ事典

ビザンチン

ビザンチン文明
ハギア・ソフィア大聖堂 ©Hiro-o

ビザンツ帝国、東ローマ帝国

 ローマ帝国が首都を東方のコンスタンティノープルに移してからの時代を、ビザンチン帝国、あるいは東ローマ帝国と呼びます。西ローマ帝国の滅亡以降、1000年以上に渡ってヨーロッパとアジアの境界に存続し続けました。

 ビザンチン帝国の人々は自らを正統なローマ帝国と考えていましたが、西洋ではローマ帝国とは区別して、ギリシア帝国と呼んだりしていました。

 首都コンスタンティノープルは難攻不落とうたわれた堅牢な都市でしたが、オスマン帝国に占領され滅亡しました。

ビザンチンの登場作品

文明 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 備考
ビザンチン - - - -

ビザンチンの指導者

指導者 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 年代
ユスティニアヌス1世 - - - -   483~565年
テオドラ - - -   500~548年

ビザンチンの主要都市

  1. コンスタンティノープル
  2. アドリアノープル
  3. ニケーア
  4. アンティオキア
  5. ヴァルナ
  6. トレビゾンド
  7. ニコメディア

ビザンチンの文明特性

シリーズ 文明特性 解説
Civ5 コンスタンティノープルの大司教 聖アンドレアスが創設したコンスタンディヌーポリ総主教庁は、東方正教会の首長としてローマ教会とキリスト教の地位を争った。

ビザンチンの好む社会制度

  • 神権政治(ユスティニアヌス1世)

ビザンチンの好む宗教

ビザンチンの世界遺産

世界遺産 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 所在都市名
ハギア・ソフィア大聖堂 - - -   コンスタンティノープル

ビザンチンの自然遺産

  • なし

ビザンチンの特殊ユニット

特殊ユニット Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 相当ユニット
ドロモン -   ガレー船(帆船)
カタフラクト -   騎士(騎兵)

ビザンチンの特殊建造物

特殊建築物 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 相当建築物
ヒッポドローム - -   劇場

ローマ帝国の継承国家

 ローマ帝国の中心は時代を経るにつれ、イタリア半島から東側に移っていきました。広大な領土のうち、特に重要な地域は経済の中心地であるビザンチウム、そして穀倉地帯と呼ばれたエジプトでした。

 これらの地域を守るため、コンスタンティヌス1世は首都をローマからビザンチウムに移し、ビザンチウムをコンスタンティノープルと改称しました。

 これによってガリアやイタリア半島に住んでいた有力者たちも東方へと移り住み、西ローマは人材不足が深刻になります。やがてゲルマン人の侵入に悩まされた西ローマは滅亡します。

 以上の経緯を考えれば、ローマ帝国はこの時点で滅亡したのではなく、領土を縮小したに過ぎないと考えることができます。ビザンチン帝国の市民は自らの国を「ローマ帝国」と呼んでおり、正当なるローマ帝国の継承国家であると考えていました。

 しかし、実際にはギリシアや東方の文化を取り入れていったため、以前のローマ帝国とは異なる文化を形成。西ヨーロッパでは別の国と見なされていました。

ビザンツ帝国の最期

>