世界史Civ事典

エジプト

エジプト文明
テーベの遺跡

指導者

指導者 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 年代
ハトシェプスト - - - - - 前1479~前1458年
ラムセス2世 - - - 前1314~前1224年
クレオパトラ7世 - - - 前69~前30年

主要都市

  1. テーベ
  2. メンフィス
  3. ヘリオポリス
  4. エレファンティネ
  5. アレクサンドリア
  6. ピ・ラメセス
  7. ギザ

好みの社会制度・宗教

  • 宗教の組織化
  • イスラム教

世界遺産

世界遺産 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 所在都市名
アレクサンドリア図書館 - -   アレクサンドリア
ファロス灯台   アレクサンドリア
ピラミッド   ギザ

自然遺産

ユニークユニット

ユニークユニット Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 相当ユニット
重装チャリオット     戦車弓兵(チャリオット兵)

ユニーク建造物

ユニーク建築物 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 相当建築物
オベリスク   -   モニュメント
陵墓   -   寺院

エジプトの歴史と文化

 エジプト文明はナイル川両岸に栄えた文明。ナイル川は常に地中海から風が吹いているため、ナイル川を上るのも下るのも簡単だった。川の氾濫は定期的かつ穏やかで、上流から肥沃な腐葉土をもたらした。古代ギリシャの歴史家ヘロドトスは「エジプトはナイルの賜物」という言葉を残している。

 東西を砂漠、北を海、南はジャングルという天然の要害で、外敵の侵入がほとんどなかったため、長期に渡り文明が繁栄した。エジプトはナイル川下流のデルタ地帯と、上流のナイル渓谷に大きく分かれ、南北が統一されると両国の均衡となるメンフィスに都が置かれた。

 エジプトの王(ファラオ)は神の化身であり、太陽神ラーとして地上に恵みを与え、ホルスとして支配し、死ぬとオシリスとして死者の世界を支配した。太陽の沈む方向であるナイル川西岸にはピラミッドが多数建設された。

 アレクサンドロス大王によってアレクサンドリアが建設され、その部下のプトレマイオスが王朝を開いた。やがてローマに併合され、古代エジプトは滅亡する。