世界史Civ事典

クメール

クメール文明
アンコール遺跡のバンテアイ・スレイ

クメール王朝、アンコール王朝

 クメール王朝は現在のカンボジアを中心に繁栄した国です。全盛期には現在のタイやベトナムの一部を領有していました。

 仏教を信仰し、首都アンコールには多数の寺院が建設されました。シャムのアユタヤ朝との戦いで疲弊し、1431年に首都が陥落。クメール王朝は滅亡しました。

クメールの登場作品

文明 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 備考
クメール - - - - - -

クメールの指導者

指導者 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 年代
スーリヤヴァルマン - - - - -  

クメールの主要都市

  1. ヤソドハラプラ
  2. ハリハララヤ
  3. アンコール・トム
  4. アンコール・ワット
  5. ナガラ・ジャヤスリ
  6. ラジャヴィハラ
  7. イスヴァラプラ

クメールの世界遺産

世界遺産 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 所在都市名
アンコール・ワット - - - - アンコール・ワット

クメールの自然遺産

  • なし

クメールの特殊ユニット

特殊ユニット Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 相当ユニット
クメール戦象 - - -  

クメールの特殊建造物

特殊建築物 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 相当建築物
バライ - - - 上水道
>