世界史Civ事典

ヒッタイト

ヒッタイト帝国

 ヒッタイトは紀元前16世紀頃から紀元前12世紀頃、現在のトルコ東部に存在した王国です。

 バビロニアの古王国を滅ぼし、シリアをめぐってエジプトのラムセス2世と争いました。このとき世界最古の講和条約が結ばれました。ヒッタイトは優れた製鉄技術を持ち、世界初の鉄器文化を築いていました。

 国内の混乱と、地中海東岸を放浪していた海の民の侵入によって滅亡しました。

ヒッタイトの登場作品

文明 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 備考
ヒッタイト - - - - - -

ヒッタイトの指導者

指導者 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 年代
ムルシリ - - - - -  

ヒッタイトの主要都市

  1. ハットゥーサ
  2. タルソス
  3. ウガリト
  4. ハラン
  5. ハットゥーシャ
  6. ティラナ
  7. アレッポ

ヒッタイトの世界遺産

  • なし

ヒッタイトの自然遺産

  • なし

ヒッタイトの特殊ユニット

特殊ユニット Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 相当ユニット
三人乗り戦車 - - - 戦車兵
>