世界史Civ事典

マヤ文明

マヤ文明
チチェン・イツァの天文台

マヤ文明

 マヤ文明はユカタン半島周辺、現在のメキシコ南東部やグアテマラのあたりで栄えました。

 統一王朝はなく、都市国家が乱立している状況でした。マヤ文明はアステカインカと同様、鉄器がなく、牛や馬もいませんでした。アステカ文明との交流があり、生け贄の儀式も行われていました。

 特筆すべきは天文学で、長期歴と呼ばれる1年が365日のカレンダーを使用していました。

マヤの指導者

指導者 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 年代
パカル2世 - - - - 603~683年
スモークジャガー - - - - - 628~695年

マヤの主要都市

  1. ティカル
  2. パレンケ
  3. チチェン・イツァ
  4. ウシュマル
  5. コパン
  6. カラクムル
  7. エル・ミラドール

マヤの文明特性

シリーズ 文明特性 解説
Civ5 長期歴 マヤの天文学や暦は非常に優れており、現在の暦と比べてもほとんど狂いがなかった。

マヤの好みの社会制度

マヤの好みの宗教

カトリック
ユカタン半島の多数派宗教はカトリック。もちろんスペインからもたらされたもので、マヤ文明時代には信仰されていない。

マヤの世界遺産

世界遺産 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 所在都市名
チチェン・イツァ - -   チチェン・イツァ

マヤの自然遺産

  • なし

マヤの特殊ユニット

特殊ユニット Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 相当ユニット
投槍兵 -   弓兵
ホルカン - -   槍兵

マヤの特殊建造物

特殊建築物 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 相当建築物
マヤピラミッド - -   神殿
球技場 - -   コロシアム

古代マヤ・アステカ不可思議大全