世界史Civ事典

アステカ

アステカ文明
アステカ遺跡の神殿ピラミッド

指導者

指導者 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 年代
モンテスマ1世 - - - -   1400~1468年
モンテスマ2世 -   1466~1520年

主要都市

  1. テノチティトラン
  2. テオティワカン
  3. トラテロルコ
  4. テスココ
  5. トラスカラ
  6. カリトゥラウアカ
  7. ソチカルコ

好みの社会制度・宗教

  • 警察国家
  • カトリック

世界遺産

世界遺産 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 所在都市名
ヒューイ・テオカリ - - - - - テノチティトラン

自然遺産

  • なし

ユニークユニット

ユニークユニット Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 相当ユニット
ジャガー戦士   戦士

ユニーク建造物

ユニーク建築物 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 相当建築物
生贄の祭壇 - -   裁判所
水上庭園 - -   水車小屋

アステカの歴史と文化

 アステカ人は12世紀頃にメキシコ盆地に定住するようになった。テスココ湖の小島に都市を建設し、周辺を征服して帝国を形成した。

 政治体制は神権政治で、太陽の消滅を先延ばしするために人間の心臓が必要とされた。また、雨乞いや豊作祈願の際にも生け贄を必要とした。

 生贄には健康な者が選ばれ、子供のこともあった。儀式では祭壇で生きたままナイフで胸を切り裂き、動いている心臓を摘出、皮を剥ぎ取って踊り狂ったり、火の中に放り込んだりしたという。

 16世紀にスペイン人が襲来すると、偶然にもアステカの神ケツァルコアトル再来の年と重なっていたため、神の使いであると誤認。モンテスマ2世は捕らえられ、アステカは滅亡した。

コルテスのアステカ征服

 エルナン・コルテスは最も有名なコンキスタドール(征服者)の一人。

 彼はアステカ帝国の黄金を求めた。トラスカラ人やテスココ人がアステカ帝国に不満を抱いていることを利用し、彼らと同盟を結んでテノチティトランを目指した。コルテスはモクテスマ2世の歓迎を受け、彼を軟禁して帝国の実権を握った。

 コルテスは帝国の各地から財宝を集めさせた。しかしコルテスがテノチティトランを離れている間に、アステカ人は生け贄の儀式を始めた。そのあまりに残虐な光景に驚いたコルテスの部下たちは儀式をやめさせ、アステカ人を殺して回った。

 怒った民衆は反撃し、王城を包囲する。戻ったコルテスはモクテスマに説得させようとしたが、モクテスマは投石で殺害されてしまった。

 コルテスたちは多くの犠牲を出しながらテノチティトランを脱出し、同盟国トラスカラやテスココで軍を集めてテノチティトランを孤立させた。アステカは若き戦士クアウテモックを新たな皇帝として抵抗したが、コルテスの軍勢に敗れ、新皇帝は処刑された。