世界史Civ事典

アステカ

アステカ文明
アステカ遺跡の神殿ピラミッド

アステカ帝国

 アステカ帝国は現在のメキシコの首都、メキシコシティのテスココ湖に存在した国家です。

 首都テノチティトランは整然と整備された衛生的な都市で、かなりの人口を擁していたと考えられています。人間の心臓を神に捧げるという風習があり、生け贄を求めて戦争を起こすこともありました。

 襲来したスペイン人を神の使いと誤認したモンテスマ2世は戦うことなく捕らえられ、アステカは滅亡しました。

アステカの登場作品

文明 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 備考
アステカ -

アステカの指導者

指導者 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 年代
モンテスマ1世 - - - -   1400~1468年
モンテスマ2世 -   1466~1520年

アステカの主要都市

  1. テノチティトラン
  2. テオティワカン
  3. トラテロルコ
  4. テスココ
  5. トラスカラ
  6. カリトゥラウアカ
  7. ソチカルコ

アステカの文明特性

シリーズ 文明特性 解説
Civ5 捕虜の生贄 神に心臓を供えるため、アステカは捕虜を求めて戦争を行った。

アステカが好む社会制度

  • 警察国家(モンテスマ2世)

アステカが好む宗教

カトリック
現在のメキシコはカトリックが主流。アステカ時代はアステカ神話が信じられ、生きた人間の心臓を神に捧げないと世界が終わると考えられていた。

アステカの世界遺産

世界遺産 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 所在都市名
ヒューイ・テオカリ - - - - - テノチティトラン

アステカの自然遺産

  • なし

アステカの特殊ユニット

特殊ユニット Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 相当ユニット
ジャガー戦士   戦士

アステカの特殊建造物

特殊建築物 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 相当建築物
生贄の祭壇 - -   裁判所
水上庭園 - -   水車小屋

アステカ帝国の滅亡

 アステカ人はモンゴロイド(黄色人種)である。彼らは1万2千年ほど前にアジアからシベリア、アラスカを経て、12世紀頃にはメキシコ盆地に定住するようになった。

 スペインのコンキスタドール、エルナン・コルテスがアステカにやってきたのは、1519年のことだった。ちょうどその年は、アステカ神話の太陽神ケツァルコアトルが帰還する年だった。

 アステカ帝国皇帝モンテスマ2世は、自分らと風貌の異なるコルテスらをケツァルコアトルの化身だと思い、丁重にもてなして首都テノチティトランを案内した。コルテスはモンテスマ2世を捕らえてアステカを支配しようとした。

 コルテス不在中にアステカ人は生贄の祭典を行い、その残虐さに驚いたスペイン人たちはアステカ人を虐殺してしまった。怒ったアステカ人は反乱を起こした。モンテスマ2世は民衆をなだめようとしたが、投石を受けて死んでしまう。

 アステカ人は新たな皇帝を立てて戦うものの、スペイン人の持ち込んだ天然痘に苦しめられた。1521年、コルテスの率いるスペイン軍にテノチティトランは攻略され、アステカ帝国は滅亡した。

アステカ王国:文明の死と再生 (「知の再発見」双書)

>