世界史Civ事典

アステカ文明

アステカ文明
アステカ遺跡の神殿ピラミッド

アステカ王国

 アステカ王国は現在のメキシコに存在していました。

 整然とした清潔な都市、人間の心臓を神に供える風習が特徴です。生け贄を求めて戦争を起こすこともありました。スペイン人が襲来するとモンテスマ2世は戦うことなく捕らえられ、アステカは滅ぼされました。

アステカの登場作品

文明 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 備考
アステカ -

 なんと全作品に登場しています。シヴィライゼーション1では、アメリカ新大陸の文明はアメリカとアステカのみでした。

アステカの指導者

指導者 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 年代
モンテスマ1世 - - - -   1400~1468年
モンテスマ2世 -   1466~1520年

アステカの主要都市

  1. テノチティトラン
  2. テオティワカン
  3. トラテロルコ
  4. テスココ
  5. トラスカラ
  6. カリトゥラウアカ
  7. ソチカルコ

アステカの文明特性

シリーズ 文明特性 解説
Civ5 捕虜の生贄 神に心臓を供えるため、アステカは捕虜を求めて戦争を行った。

アステカの好みの社会制度

  • 警察国家(モンテスマ2世)

アステカの好みの宗教

カトリック
現在のメキシコはカトリックが主流。アステカ時代はアステカ神話が信じられていた。

アステカの世界遺産

世界遺産 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 所在都市名
ヒューイ・テオカリ - - - - - テノチティトラン

アステカの自然遺産

  • なし

アステカの特殊ユニット

特殊ユニット Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 相当ユニット
ジャガー戦士   戦士

アステカの特殊建造物

特殊建築物 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 相当建築物
生贄の祭壇 - -   裁判所
水上庭園 - -   水車小屋

アステカ王国:文明の死と再生 (「知の再発見」双書)