世界史Civ事典

モロッコ文明

モロッコ王国

 モロッコのイスラム王朝は、アラブ帝国の地方政権として誕生しました。ムラービト朝とムワッヒド朝はイベリア半島を支配し、大モスクを建設しています。

 1549年にモロッコは遠征してソンガイ帝国を滅ぼし、サハラ砂漠の交易を行って繁栄しました。19世紀後半からはヨーロッパ列強の圧力を受けるようになり、1912年にはフランススペインの保護領にされました。

モロッコの登場作品

文明 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 備考
モロッコ - - - - - -

モロッコの指導者

指導者 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 年代
アフマド・アル=マンスール - - - -    

モロッコの主要都市

  1. マラケシュ
  2. ラバト
  3. フェス
  4. カサブランカ
  5. タンジェ
  6. サレ
  7. ウールザザーテ

モロッコの文明特性

シリーズ 文明特性 解説
Civ5 アフリカの玄関口 モロッコは地中海に面し、かつてはカルタゴローマアラブの支配を受けた。一方でガーナ王国を征服しソンガイ帝国を滅ぼすなど、サハラ交易も支配しており、まさにアフリカの玄関口であった。

モロッコが好む宗教

イスラム教
モロッコはイスラム王国として誕生した。フランススペインの支配を受けていたこともあり、他人の信仰には比較的寛容。

モロッコの世界遺産

  • なし

モロッコの自然遺産

  • なし

モロッコの特殊ユニット

特殊ユニット Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 相当ユニット
ベルベル人の騎兵 - -   騎兵隊

モロッコの特殊建造物

特殊建築物 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 相当建築物
カスバ - -   地形改善
>