世界史Civ事典

カルタゴ

カルタゴ
カルタゴ遺跡

カルタゴ海上帝国

 カルタゴは地中海の貿易を独占して栄えた都市国家です。

 地中海やシチリア島の覇権をローマと争い、ハンニバルの率いたカルタゴ軍はローマの首都へ迫る勢いでした。ローマに敗れた後も急速に国力を回復し、ローマにとってカルタゴは「滅ぼさねばならぬ宿敵」とみなされていました。

 ローマの度重なる圧力に屈したカルタゴは英雄ハンニバルを追放、やがて攻め滅ぼされ、草の根一本も残らぬよう完全に破壊されてしまいました。

カルタゴの登場作品

文明 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 備考
カルタゴ - - -

カルタゴの指導者

指導者 Civ1 Civ2 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 年代
ディド - - -   ?~?
ハンニバル - -   前247~前183年

カルタゴの主要都市

  1. カルタゴ
  2. ウティカ
  3. ヒッポ・レギウス
  4. レプティス・マグナ
  5. カディス
  6. カルタゴ・ノヴァ
  7. サグントゥム

カルタゴの文明特性

シリーズ 文明特性 解説
Civ5 フェニキア人の遺産 地中海東岸に住んでいたフェニキア人は海上交易で活躍し、植民都市カルタゴは地中海で繁栄した。

カルタゴが好む会制度

カルタゴが好む宗教

イスラム教
北アフリカは長い間イスラム教の支配する地域で、現在も同様。ただし、カルタゴが存在した時代には、イスラム教はまだ創始されていない。

カルタゴの世界遺産

  • なし

カルタゴの自然遺産

  • なし

カルタゴの特殊ユニット

特殊ユニット Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 相当ユニット
マルミミゾウ - -   騎兵
ヌミディア騎兵 -   弓騎兵

カルタゴの特殊建造物

特殊建築物 Civ3 Civ4 Civ5 Civ6 相当建築物
コトン - -  

カルタゴの建国伝説

 カルタゴを建国したフェニキア人は、現在のシリアやレバノン、イスラエルの地域で商業活動を行っていました。杉を使って船を作り、地中海西部に進出して現地の貴族階級を相手に貿易をするようになります。

 この際に海岸沿いに多くの植民市が建設されました。そのうちのひとつがカルタゴです。伝承ではカルタゴを建国したのはティルスの王女ディドでした。

 「アエネーイス」によれば、ディドは兄に命を狙われたために航海の旅に出て、後にカルタゴとなる土地に到着します。牛の皮の分の土地だけ分け与えるという約束に対して、機転を利かせて土地を得ることに成功します。

カルタゴの政治とローマとの覇権争い

 カルタゴの政治体制については記録がほとんどありませんが、アリストテレスはカルタゴの政治は理想に近いと評価しています。

 カルタゴは商業国家で、兵力の大半は傭兵に依存していました。

 カルタゴはローマとシチリア島を巡って争い(第一次ポエニ戦争)、シチリア島とサルデーニャ島を失います。第二次ポエニ戦争ではハンニバルがローマ領内に攻め込んだものの、ザマの戦いで敗北。

 以降、ローマに最大の宿敵と見なされたカルタゴは、講話条件を破ったとの理由でローマの侵略を受けて滅亡しました。

 カルタゴが二度と復興することのないよう街は徹底的に破壊され、住民は全員が殺されるか奴隷として連れ去られました。さらには、草も生えないように塩が撒かれたとされます。

興亡の世界史 通商国家カルタゴ (講談社学術文庫)

>