世界史Civ事典

シヴィライゼーション6 自然遺産

自然遺産一覧

遺産名 タイル出力 特殊効果
ウルル    
エイフィヤトラヨークトル    
エベレスト山    
ガラパゴス諸島    
キリマンジャロ山    
クレーターレイク    
グレートバリアリーフ    
死海    
ジャイアンツ・コーズウェー    
ツィンギ・デ・べマラ    
ドーバーの崖    
トーレス・デル・パイネ    
ハロン湾    
パンタナル    
ピオピオタヒ    
ヨセミテ    
リースフィヨルド    

自然遺産の解説

遺産名 解説
ウルル オーストラリアにある巨大な一枚岩。エアーズ・ロック。
エイフィヤトラヨークトル アイスランドの山岳氷河。エイヤは島、フィヤトラは山、ヨークトルは氷河を意味する。
エベレスト山 ヒマラヤ山脈にある世界で最も高い山。
ガラパゴス諸島 南アメリカ大陸の西にある群島。独特の生態系が特徴で、ダーウィンが進化論の着想を得ることになった。
キリマンジャロ山 アフリカの最高峰。コーヒーの栽培で有名。
クレーターレイク アメリカの国立公園。アメリカ先住民の一部はここを聖地と見なしていた。
グレートバリアリーフ オーストラリア北東の海岸沿いに連なる珊瑚礁。長さは2000キロメートルにも及ぶ。
死海 アラビア半島北西部の塩湖。海抜はマイナス418メートル。塩分濃度が高いため、人の体が浮く。
ジャイアンツ・コーズウェー 北アイルランドの海岸線。広範囲に石柱が連なっている。アイルランドではこの地の巨人伝説が残されている。
ツィンギ・デ・べマラ  
ドーバーの崖  
トーレス・デル・パイネ  
ハロン湾  
パンタナル  
ピオピオタヒ  
ヨセミテ  
リースフィヨルド