世界史Civ事典

新・世界七大文明スコアランキングの人物

 シヴィライゼーション新・世界七大文明の最後に表示されるスコアランキングに登場する人物名。スコアの高い順に解説する。

賢者ソロモン

 旧約聖書に登場する古代イスラエル王国全盛期の王。神から知恵を授けられ、天使や悪魔を自在に操り、指輪をはめることで動物とも会話ができたとされる。

アウグストゥス皇帝

 ローマ帝国の初代皇帝。→ アウグストゥス

シャルルマーニュ皇帝

 神聖ローマ帝国の初代皇帝。カール大帝。

トーマス・ジェファーソン

 第3代アメリカ合衆国大統領。アメリカの独立・理念の確立に尽力した。

将軍 徳川家康

 江戸幕府の創始者。普通に日本文明の指導者として登場するが、こちらにも名前が出てくる。→ 徳川家康

F・ルーズベルト大統領

 第二次世界大戦時のアメリカ大統領。→ フランクリン・ルーズベルト

スレイマン大帝

 オスマン帝国全盛期の皇帝。→ スレイマン

ウィンストン・チャーチル

 第二次世界大戦時のイギリス首相。→ チャーチル

クレオパトラ

 古代エジプト最後の女王。→ クレオパトラ

シャルル・ド・ゴール

 第二次世界大戦で自由フランスを率いた。→ ド・ゴール

ウラジミール・レーニン

 ソヴィエト連邦の建国者。

サイモン・ボリバル

 南アメリカの独立と統一に尽力した革命家。ラテン・アメリカの解放者と呼ばれる。シモン・ボリバルとも。

オットー・ビスマルク

 鉄血政策で知られる、プロイセン王国の宰相。

フリードリヒ1世

 神聖ローマ帝国の皇帝。→ フリードリヒ1世(赤髭王)

ウィルヘルム1世

 初代ドイツ皇帝。ビスマルクを重用し、ドイツ統一を果たした。

ルイ16世

 フランス革命で処刑された王。このあたりから、あまり評判のよくない人物が続く。低スコアに位置する人物たち、ということである。

ネヴィル・チェンバレン

 イギリスの首相。ヒトラーのドイツに宥和政策をとり、選挙でチャーチルに敗れた。

フェルナンド・マルコス

 フィリピンの大統領。20年にわたって独裁者として君臨したが、政権は革命によって打ち倒された。

皇帝ネロ

 暴君として有名なローマ帝国の皇帝。近親者を殺害し、キリスト教徒を迫害した。元老院と対立して失脚。自殺した。

ドミスティアヌス

 ドミティアヌス。ローマ皇帝。キリスト教徒を迫害し、元老院と対立。暗殺された。暴虐で評価は極めて低く、死後ローマでは一切の痕跡が抹消(記録抹殺刑)された。ローマで正式に記録抹殺刑に処されたのは、ドミティアヌスを含む2名のみ。

>