世界史Civ事典

シヴィライゼーション1 文明と指導者

文明・指導者と性格

文明 指導者 外交 戦略 内政
アステカ モンテスマ - 内政重視 民主優先
アメリカ リンカーン 友好的 - 民主優先
イギリス エリザベス - 拡張主義 -
インド ガンジー 友好的 内政重視 -
エジプト ラムセス - - 民主優先
ギリシア アレクサンダー - 拡張主義 軍事優先
中国 毛沢東 - - 民主優先
ドイツ フリードリヒ 攻撃的 内政重視 民主優先
文明 指導者 外交 戦略 内政
日本 徳川家康 攻撃的 - -
バビロニア ハンムラビ 友好的 内政重視 民主優先
フランス ナポレオン 攻撃的 拡張主義 民主優先
モンゴル チンギスハン 攻撃的 拡張主義 軍事優先
ロシア スターリン 攻撃的 - 軍事優先
ローマ カエサル - 拡張主義 民主優先

文明と指導者の選定

 最初の作品だけあって、代表的な文明と指導者が選ばれている。面白いのは、毛沢東やスターリン、ガンジーといった近代の指導者が選ばれているところか。

 後の作品でも同じだが、軍事優先・拡張主義のほうが強力な国家になりやすく、AIで大国になるのはギリシア、モンゴル、ロシアと相場が決まっていた。

 また、このときのアステカは軍事主義ではないことに注目したい。

>