世界史Civ事典

モンゴルの都市

モンゴルの都市名一覧

順番 Civ3 Civ4 Civ5
1 カラコルム カラコルム カラコルム
2 タツー ベシバリク ベシバリク
3 カザン トルファン トルファン
4 アルマリク 寧夏(ねいか) 夏(か)
5 タブリーズ オールドサライ オールドサライ
6 ウランバートル ニューサライ ニューサライ
7 ボウド サマルカンド タブリーズ
8 ダーハン タブリース ティフリス
9 ダランドザドガド ティフリース オトラル
10 マンダルゴヴィ オトラル サンチュ
11 チョイバルサン サンチュ カザン
12 エルディネット カザン アルマリク
13 ツェツェレグ アルマリク ウランバートル
14 バルーン・ウルト ウランバートル ホヴト
15 エレーン ホヴド ダーハン
16   ダーハン ダランドザドガド
17 チョイル ダランザダガド マンダルゴヴィ
18 ウランゴム マンダルゴヴィ チョイバルサン
19   チョイバルサン エルデネト
20 アルタイ エルディネット ツェツェレグ

モンゴルの主要都市解説

都市名 解説
カラコルム モンゴルの都市。1235年にオゴタイ・ハンがモンゴル帝国の首都に定め、フビライ・ハンが都を大都(北京)に移すまでの20年余り繁栄した。
ベシバリク ビシュバリク。天山山脈東部の都市。トルコ語で「5つの城」を意味する。中国からは北庭と呼ばれた。天山ウイグル王国の首都。チャガタイ・ハン国の支配下に入った。やがて地域の中心地はウルムチに移った。
トルファン 現在の中国、新疆ウイグル自治区の都市。東西交通の要衝で、遊牧民と漢民族が覇権を争った。
寧夏 現在の銀川。中国西部の寧夏回族自治区の中心都市。
オールドサライ バトゥ・サライとも。キプチャク・ハン国の首都。中世に栄え、最盛期の人口は60万人に達したとされる。現在は廃墟。
ニューサライ ベルケ・サライとも。交易の中心として栄えた。
サマルカンド 現在のウズベキスタンにある古都。紀元前10世紀頃から発展し、マラカンダと呼ばれた。ティムール帝国の首都となり繁栄。
タブリーズ イラン北西部の都市。イランとトルコを結ぶ交通の要衝。イル・ハン国の首都として栄えた。