世界史Civ事典

ポルトガルの都市

コインブラ
コインブラ

ポルトガルの都市名一覧

順番 Civ3 Civ4 Civ5
1 リスボン リスボン リスボン
2 オポルト オポルト ポルト
3 ギマラネス ギマラネス ブラガ
4 ラゴス コインブラ コインブラ
5 エメリタ エヴォラ フンシャル
6 サグレス ラゴス レイリア
7 コインブラ ブラガ ゴア
8 レイリア レイリア ノヴァ・デ・ガイア
9 エヴォラ ファロ アヴェイロ
10 ブラガ サンタレム ルアンダ
11 ファロ ブラガンサ エヴォラ
12 リオデジャネイロ サグレス ファロ
13 サンパウロ アヴェイロ カステロ・ブランコ
14 ルアンダ ヴィセウ ビッソー
15 アルカセル・ド・サル トマル グアルダ
16 グアルダ シントラ ヴィセウ
17 カステロブランコ ポルタレグレ プライア
18 バダホズ アブランテス ブラガンサ
19 ロウレンソ・マルケス グアルダ ベジャ
20 ヴィセウ シャヴェス トマル

ポルトガルの都市解説

都市名 解説
リスボン ポルトガルの首都。古代フェニキアの植民都市を起源として、ローマ時代はオリシポと呼ばれた。13世紀にポルトガルの首都となり、植民地貿易で急速に発展。
ポルト ポルトガル北部の都市。ドウロ川河口に位置する。ブドウ酒の醸造・取引の中心地。
コインブラ 1139年から1260年までのポルトガルの首都。ローマ時代はアエミニウムと呼ばれた。1290年に創設させたヨーロッパで最も古い大学のひとつ、コインブラ大学がある。
フンシャル ポルトガル第三の都市。1421年に建設された。
ゴア インド西岸のポルトガル植民地。1510年にポルトガル領となり、イエズス会のアジアへの拠点となった。1961年にインドに武力併合された。

関連記事