世界史Civ事典

ビザンチンの都市

ビザンチンの都市名一覧

順番 Civ3 Civ4 Civ5
1 コンスタンティノープル コンスタンティノープル コンスタンティノープル
2 アドリアノープル アドリアノープル アドリアノープル
3 ニケーア ニケーア ニケーア
4 カイザリヤ アンティオキア アンティオキア
5 ヴァルナ アンキュラ ヴァルナ
6 スミルナ トレビゾンド オフリド
7 ヘラクレア イコニウム ニコメディア
8 トレビゾンド ラオディケア トレビゾンド
9 カルケドン ドリュラエウム ケルソネソス
10 サルディカ アモリウム セルディカ
11 ナイソス フィリッポポリス アニ
12 ディラギウム ミスラ ディラキウム
13 セプトゥム デュラキウム エデッサ
14 ニコメディア エデッサ カルケドン
15 アモリウム へラクレア ナイスス
16 アンキュラ テオドシオポリス バーリ
17 ブルサ オデッソス イコニウム
18 イコニウム メッセンブリア プリレプ
19 プリレプ サルディカ サモサタ
20 オフリド ラグーザ カルス

ビザンチンの都市と現在名

  • コンスタンティノープル → イスタンブール
  • アドリアノープル → エディルネ
  • ニケーア → イズニク
  • アンキュラ → アンカラ
  • ニコメディア → イズミット
  • トレビゾンド → トラブゾン
  • イコニウム → コニヤ
  • エデッサ → シャンルウルファ

ビザンチンの主要都市解説

都市名 解説
コンスタンティノープル 現在のイスタンブール。紀元前658年にギリシャの植民市として建設され、ビザンチウムと呼ばれた。330年にコンスタンティヌス1世がローマ帝国の首都に定め、以降ビザンチン帝国の首都として栄えた。
アドリアノープル 現在のトルコの都市エディルネ。交通の要衝として栄えた。
ニケーア 現在のトルコの都市イズニク。紀元前320年頃に建設され、コンスタンティノープルの南に位置する防衛拠点。この地で2度のニケーア公会議が開催された。第4回十字軍でコンスタンティノープルを逃れたラスカリス家がニケーア帝国を建設。ニケーア帝国はコンスタンティノープルを奪還し、ビザンチン帝国を再建した。
アンティオキア 現在のトルコの都市アンタキア。セレウコス朝シリアの首都。64年にローマ帝国が征服し、初期キリスト教布教の中心地となった。
ヴァルナ ブルガリア北東部、黒海沿岸の都市。商工業が盛ん。
ニコメディア 現在のトルコの都市イズミット。コンスタンティノープル創設までの東ローマの拠点。
トレビゾンド 現在のトルコの都市トラブゾン。黒海に面し、農業が盛ん。紀元前7世紀頃にギリシャ植民市として建設。第4回十字軍でコンスタンティノープルを逃れたアレクシオス1世とダヴィドは、トレビゾンド帝国を建設した。